不用品処分の手引き

簡単申し込みで運び出しも不要!回収業者の相場と選び方

家具の処分は状態を確認

ソファーやワードローブなど愛着があるものを手放すのは少し寂しさもありますよね。
粗大ゴミとして廃棄するには自治体指定の料金シール(数百円から数千円)をコンビニなどで購入し指定日に指定場所へ置いておくだけです。
しかし状態の良いものや、ブランド家具など価値の高いものはリサイクルショップでの買い取りやネットオークションで買手がつく場合があります。
見積もりだけでもとってくれるショップもありますので、まずは相談してみましょう。
きちんと清掃して出すことにより金額が上がる場合もありますし、多少の傷や破損があっても修理する前提で買い取ってくれる場合もあります。
目に見えてダメージが大きい場合は粗大ゴミ、回収業者や引越し業者に廃棄を依頼しましょう。
また新しいものを購入する際は搬入時に古いものを引き取ってくれるサービスのあるショップなどもあります。

家電はリサイクル法も確認

家電も家具と同じように粗大ゴミとして廃棄ができますが、ネットオークションやリサイクルショップで買い手がつきやすいものが多くあります。
こちらも家具と同じで、出品前やショップへの持ち込みの前に清掃しておきましょう。
また家電の場合は下取りをしてくれる販売店もありますので、新しく購入を予定しているものがあれば処分の前に販売員へ確認してみると良いでしょう。
エアコン、テレビ、冷蔵庫や洗濯機は家電リサイクル法で定められた金額(数千円)がかかりますが、家電量販店で対象商品の買い替えの場合通常の回収より安い搬送費等で回収してもらえる場合があります。
家電は特に買い替えや廃棄が多いものになりますので、賢くお得に処分しましょう。


この記事をシェアする