不用品処分の手引き

美術品や宝石類、遺品整理はどうするの?

貴金属や美術品の処分

デザインが古くなったジュエリー等はリメイクをオススメします。
というのも宝石を売る場合、購入金額より大幅に価値が下がる可能性があるからです。
数十万円で購入したものでも売るときは数万円にしかならず、がっかりされる方も多いです。
リメイクは素材や加工により金額は変わりますが、5万円程度で新しく生まれ変わりますので大切に使い続けることができます。
また絵画や掛け軸などの美術品はやはり専門業者に依頼するのが良いでしょう。
本来なら数十万円の価値があるものを数千円でフリーマーケットに出してしまったなどという話はよく聞きます。
自分では価値の判断が難しいものも、鑑定士がしっかりと確認し適切な価格を提示してくれるはずです。

遺品整理は業者へ

大切な人を亡くした悲しみの中で大量の遺品を整理するというのはとても大変なことです。
何をどう処分すれば良いのか途方に暮れる前に、専門の業者を訪ねてみてはいかがでしょうか?
相場は部屋の大きさや作業者、作業時間で変わりますので3万円から50万円と大きく開きがあります。
信頼のおける遺品整理士などは貴重品や思い出の詰まったものと処分するものを丁寧により分け、依頼者へ確認をとってから処分してくれますので、業者はしっかりと選びましょう。
他の不用品回収業者と同じように、不法投棄などをする悪徳業者も存在します。
ポストに投函されたチラシなどに注意し、きちんと認可されている業者や資格を持った遺品整理士が在籍している業者を探しましょう。


この記事をシェアする